レディー

有効成分でニキビケア|肌に優しい化粧品選び

治りにくいと思ったら

鏡を見るレディー

赤くなる原因とは

きちんとケアをしているのに、なかなか治ってくれない赤いニキビができた経験はないでしょうか。多くの人がニキビだと勘違いしているのは、もしかするとニキビ跡の赤みかもしれません。顔に赤いぶつぶつが出来ていると見た目も悪いし、この状態はなかなか治りにくいため、化粧をする時にも困ってしまいます。ニキビ後にもいくつか種類があります。よく知られているのは、茶色く色素沈着したニキビ跡です。これは勿論痛みもなく、薄い物であればきちんとケアを行っているうちに消えている場合も多くあります。肌のターンオーバーを促し、肌を再生することで治していけます。赤みのあるニキビ跡は、ニキビの跡が出来たばかりで肌が荒れてしまっているために、赤みが残っている場合が多いようです。荒れの原因は炎症です。まずは炎症を抑えるケアを行いましょう。

炎症を抑えるのが先決

肌が荒れている状態では、普通の肌のケアを行っていても肌に刺激を与えるだけになってしまいます。こういった場合は、極力肌に刺激を与えない方法で回復させていくのがよいといえます。サプリメントなどを摂取することで、内部からアプローチしていきましょう。肌によい成分で代表的なものといえば、ビタミンCなどです。また、ヨクイニンなどはイボ改善などにもよいと言われているお勧め成分です。また、肌に極力触らない(刺激を与えない)のもよい方法です。と言っても、洗顔を全くしないというのも問題です。顔を清潔に保つ事も重要です。汚れをためると、余計に肌が荒れる原因になってしまう事でしょう。出来る限り摩擦などを避けて、肌に優しい洗顔料をたっぷり泡立てて、撫でるように行いましょう。ニキビ跡の赤みはあせらずじっくりと、時間をかけて治していくことが大切です。