レディー

有効成分でニキビケア|肌に優しい化粧品選び

洗顔から頑張ろう

石鹸

にきびを発見するとその日は鏡をみて朝からブルーになりがちです。にきびを予防するためには洗顔が基本となります。洗顔料はシンプルな石鹸が値段も手ごろなものが多く、すぐになくなるわけではないので費用の面からも使いやすいです。にきびができやすい人はオイリーな肌質の人が多いため、さっぱりさせたくて洗浄力の高い石鹸を選びがちですが、皮脂をとりすぎるとかえって肌は潤おうと皮脂を活発に出すために、その時はさっぱりとしても結果的にはよりオイリーになってしまいます。洗顔後つっぱりすぎることのない、汚れをおとしながらも潤いを適度に残すものを選ぶことが大切です。その日の体調や季節によっても肌の調子は変わってくるので、何種類か洗浄力の違うものを用意しておくといいでしょう。石鹸の成分もよくみて肌に優しいものを選びます。

洗い方も大切です。石鹸をネットなどで十分に泡立ててから洗います。ネットを使うと石鹸の減り方は激しいし、面倒なので手で泡立てて使っている人もいると思いますが、ネットなどを使うと泡立ち方が違います。また手には雑菌が付いているので、洗顔前には手を洗ってから顔を洗う習慣をつけましょう。そして肌に刺激がないようやさしく洗います。すすぎ方も大切です。良い成分が入った石鹸といっても、すすぎ残しは刺激となり、にきびのもととなります。自分の肌に対しても赤ちゃんの肌に対するようなやさしい気持ちをもって洗顔をしましょう。もちろんどんなに潤いを残すような石鹸を使っても、ある程度化粧水などで保湿する必要があります。にきびはすぐに改善とはなかなかいきませんが、よい石鹸を選び丁寧に洗顔することで徐々に改善していきます。